初めて利用するときに必要なもの

初めてブランディアを利用するときには、身分証明書が必要になります。運転免許証や健康保険証、パスポート、住民票、官公庁などの写真付き身分証明書などが、身分を証明するものになります。一般の企業の身分証明書では、書類として認めて貰えないようですね。その他には、運転免許証と健康保険証は、両面ともコピーが必要です。

ただし、住民票は原本でなくてはいけなくてコピーでは証明にならないそうです。住民票の発行が3ヶ月以内のものが証明書として採用されます。住所が、配送キットの送り先と同じ住所ではないといけないとか、証明書の名義と振込先の名義も一致していないといけませんね。ちょっと面倒に感じるかも知れませんが、買い取りをしているところは、こういう手続きがどこでも必要なんですよ。

> ブランディアの詳細はこちら

20歳以下の方が利用する場合には

20歳以下の方が利用するときもあるとおもいます。この場合にも、宅配キットと一緒に送られてくる「宅配買い取りシート」に保護者の方の署名と捺印が必要です。これがない場合には、買い取りはしてくれないんですね。

免許を持っている方は、運転免許証を。持っていない方は、他の健康保険証や住民票などで、身分を証明することになりますね。保護者に内緒で、買い取りをして欲しいと言うことになっても、それは応じてくれません。このルールは、ブランディア以外の他の買い取り専門のところでも、同じことが求められるので、いずれにしても保護者の同意や、署名と捺印は避けて通れないものだと思って下さい。

> ブランディアの詳細はこちら

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ