買い取りの対象となるもの

一流のブランドではない洋服については、買い取り対象にならないかというと、そうではありません。セレクトブランドやデザイナーズブランドから、ストリート系やアメカジ系でも買い取りの対象になります。状態によっては、買い取りされないこともありますので、確認してから送るようにして下さい。多少のシワや、タグが取れかけていても査定や買い取りの対象にはなります。しかし、古着やで購入して、全くのノンブランドのものについては、判断の難しいところはありますね。事前に問い合わせて置いても良いでしょうし、まずは査定に出してみて、査定員に判断してもらってもよいでしょう。

> ブランディアの詳細はこちら

査定に出す際に気をつけること

査定に出すときには、クリーニングまでは出さなくても良いのですが、基本的に状態の良いものは査定額も良いものだと思って下さい。ちょっとシミがあるなと思うなら、それは落としてから送るようにして下さい。革の衣類についても、埃まみれになって出すよりは、お手入れをして良い状態にしてから出す方が気分も違いますよね。長年着ていないと、革製品にはカビが生えることもよくあります。それはあらかじめ落として置いてください。布の衣類についても、汗のニオイなどがついている場合は、招集をしておくなどのケアもしましょう。ブラッシングをしてホコリを落とすだけでも、随分と印象は変わる物だそうです。日に当ててから、梱包するだけでもかなり、状態が良くなるので試してみてはいかがですか。

> ブランディアの詳細はこちら

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ